こちらからの続き

体によい椅子、悪い椅子

パソコンに向かう場合を中心にした
体によい椅子選びのポイント

体に悪い椅子

■×背もたれのない椅子
  背中や腰の筋肉が休まらない。

■×背もたれが直立した椅子・背もたれが硬い椅子
 直立した背もたれだと、寄りかかろうとしたときに
  お尻を前にずらさなければならないので、腰の筋肉が休まらない。
  姿勢を変えることができない。

■×背もたれが背中の半分より低い椅子
  背もたれが、体の負担となる。
  寄りかかろうとすると、体が後ろに倒れてしまうため、
  腰によけいな力がかかる。

■×クッションが柔らかすぎる椅子
  あまりクッションが柔らかく厚すぎると、
  立ったり座ったりがしにくい。

背骨は通常、S字状のカーブを描いています。
この背骨のカーブが保たれ、背もたれに背中がぴったりついて
体重を十分支えてくれる椅子が、体に負担がかかりにくくて
よい椅子といえます。

パソコンを使う場合、高さや背もたれの角度が調節できる、
肘かけのある椅子を選びましょう。

体によい椅子

●座面の高さ
 足が床にペッタリついたとき、太ももとふくらはぎの角度が90度になる。

●足から座面の距離
 腰かけたとき、膝の裏と座面のふちの間にこぶしが一つ入るくらい。

●座面の傾斜角度
 座面が前に向かって傾斜している。

●膝の裏側
 膝の裏側の部分は、なだらかにカーブしている。
 (太ももや膝の裏がこの部分に当たると、足がしびれたり冷えてしまう)

●肘かけ
 腕の重みは肩こりの原因となるので、
 滑りにくい素材で、座面の前より長くないものが使いやすい。

●背もたれ
 高さは背中の中ほどより少し上くらい。
 ウエスト部分が盛り上がって、座ったときに背中にフィットするもの。
 姿勢を変えても腰への負担が大きくならないよう、材質に適度な柔軟性があることが望ましい。


椅子を座りやすくする簡単な工夫

●背中のカーブが合わない場合
 クッションその他を腰あてに使い、楽になる角度を調節する。
 腰痛のある人などにおすすめ。

●シートが後ろに傾斜し座りにくい
 シートの後ろを高くする敷物・座布団などを敷く。

●座面が高すぎる椅子(あるいは机が高く、座面を高くせざるを得ない場合)
 フットレストまたは電話帳、箱などなるべく長くて広い台を置いて足を支える。