女性にとって、「土偶型」とも言われている
下半身太りは最大の悩みですよね。
最近は、男性もかな。

その下半身に絶大な効果があるダイエットが、
テレビでも紹介され大反響を巻き起こした
骨盤しぼり体操」です。

桜美林大学大学院の阿久根 英昭教授がこの体操を考案しました。

骨盤が下がっているとが短くなります。
骨盤を上げると、が長くなるので、身長も伸びます。

では、早速、骨盤股関節ゆがみ簡単チェックから始めてみましょう!

「骨盤・股関節のゆがみ簡単チェック」

1.うつぶせに寝て左右の足を伸ばします。
2.かかとの位置の差の長さを測ります。

 差が1cm以上ある人
  下半身太り、頭痛生理痛生理不順
  消化器系の不調(胃痛便秘下痢など)、
  腰痛、ひざ痛をまねく可能性が大です。

美しくなるためには、骨盤の健康から!

骨盤と股関節の周りは、血管やリンパ液が行き交う最も大事な場所です。
そこがゆがむと、血液やリンパ液の流れが阻害され、代謝が著しく悪化し、肪がついてしまうのです。ついた脂肪は変質して、セルライトとなることも多々あります。

また、子宮や卵巣などの臓器が圧迫され、生理痛整理不順冷え性などのトラブルの原因にもなります。

では、次に 骨盤しぼり体操を紹介します。