発掘!あるある大事典


『肩コリ タイプ別解消法』より


皆さま、書き込みありがとうございます。
その中で肩こりに悩んでいらっしゃる方が多いので、
今日は、「あるある大辞典」より、自分でできる対処法をお知らせします。

そもそも肩コリは、肩周辺の血行が悪くなることで、乳酸などの疲労物質が、筋肉内に蓄積して起こります。

乳酸によって酸性濃度が高まると、筋肉が次第に硬くなり、それがコリとなって現れるのです

3つの発生源

背中を発生源とした「背中から肩コリタイプ」!

腕が発生源の「腕から肩コリタイプ」!

首が発生源の「首から肩コリタイプ」!

発生源にあわせた、肩コリタイプ別解消法で肩こり解消!

わずか3分で、驚きの効果が続々!

あなたの肩コリの発生源チェック!

3つのうち2つ以上当てはまった方は、発生源が複数ある、混合タイプと考えられます!

まずは「背中から肩コリタイプ」。

肘を直角に曲げ、小さく前へ倣えをしてください。
そして、そのまま両腕を開きます。(肘が身体から離れないように注意。)

腕を180度開くことができましたか?
出来なかった方は、背中からタイプの可能性大。

続いては「腕から肩コリタイプ」。

両腕を交差して手を握ります。
そのまま手首を引き寄せくるりと裏返して、前に伸ばしてみてください。
腕をまっすぐ伸ばすことができましたか? 肘が曲がったままの人は、腕からタイプの可能性が。

最後は「首から肩コリタイプ」

500mlのペットボトルを用意し、半分ほど水を入れます。
これを額に乗せてください。そしてその場で一回転。
一回転できずに落としてしまった人は、「首からタイプ」の可能性大。
ペットボトルがないという人はペンなどを使ってもチェックできます

背中から肩コリタイプの解消法
O咾ら肩コリタイプの解消法
ぜ鵑ら肩コリタイプの解消法