肩こりのほとんどは、姿勢の悪さによる筋肉への負担の増加と、運動不足から起こります。
 
■肩こりになりやすい姿勢

横から見たときに、きれいなS字を描いているのが 理想的な姿勢ですが、
肩がこりやすい人は、一般に猫背が多いと言われていますが、
逆に背中に生理的な湾曲がなく平らな平背の人も肩がこりやすいのです。

共通して言える事は、肩甲骨が左右に広がって
肩関節が前方に移動している事です。

体を起こしている間は常に重量ストレスをかけることになります。

そして、頭部の重さを頸部の後で支えないといけなくなり、
首の筋肉も緊張します。
このような姿勢で長時間の作業を行うと、腰痛もおきやすくなります。


生理的な湾曲は、骨盤の矯正をすることにより、自然についていきます。

また、日常の姿勢や、寝姿に気を使うことによって、それ以上ひどくなるのを防ぐことができます。