痛みをとる方法 / カイロプラクティックで健康維持

背中の痛み・腰痛・肩こり・骨盤の歪みなどを自分で解消できるように、カイロプラクティックや、ダイエット・顔やせ・快眠などのおすすめ情報を紹介し、健康維持のお手伝いをいたします。

カイロプラクティックについて

健康維持には「予防」が大事5

日本医療研究株式会社からの引用です。

生活習慣病を予防しましょう
 
 現代人の生きる環境は、「自然破壊・環境汚染」が進み、
毎年悪化していっています。

私達自身も、職場や家庭・生活環境などにより、
運動不足、ストレスから生じる精神・神経障害
筋肉・関節・眼の疾患の多発。
なかでも生活習慣病(癌、脳血管障害、心疾患、
高血圧、高脂血症、糖尿病等)
といわれる病気は、自覚症状のないまま進行し、
合併症を引き起こす怖い病気で、年々増加しています。

「治療の前に予防すること」、健康補助食品
人体に直接触れて手技を施すなど、
医師の同意無しに独立した
医療として認められるべき療法などに
注目が集まってきたのです。

 病気への関心、ライフスタイル・食生活の見直し、
栄養補助による病気になりにくい体づくり等の
「予防」こそが、健康維持に必要なことといえるでしょう。

     ********************
 

健康な体を維持していくことって、
本当に大切なことですよねー。

ちゃんと普通の人が寝る時間に寝ることも大切ですよね。

わかっているんだけど、難しいですねー・・・・


カイロプラクティック療法って?-25

さて、ではカイロプラクティック療法は、どういった症状にいいのでしょうか?

★筋肉や関節の痛み
筋肉や関節の痛み、腰痛、肩こり、四十肩、頭痛など
治療効果の研究では、こういった症状に対してカイロプラクティックが、
もっとも勧められる治療法の一つといえます。

★神経の正常な働き
神経は、全身の臓器をコントロールするための、脳からのコードです。

神経の働きを整えると、冷え性、便秘、頭痛、気力減退などの改善にいいと言われています。

★自然治癒力を高める
「痛みや病気を治す」ためだけでなく、「健康になる」ためには、自然治癒力を高める必要があります。

自然治癒力を高めることは、いろいろな症状の予防にもなりえます。


「カイロプラクティック」は
「手による療法」です。

手のみを使用した施術なので全く痛くありません。

職業・生活習慣などで生じる骨格の歪みなどを整え、
自然代謝力を活かし、自然に回復するように導きます。

カイロプラクティックは末梢神経部の障害や内臓不調にも有効なケースがあります。

脊椎の歪みなどにより椎間孔が圧迫され神経の出入り口が狭くなって神経が圧迫されたりして、自然代謝力が損なわれているケースがあるからです。

また、生体力学的、神経科学的、解剖学的な観点から、筋骨格系の機能・構造的な障害を正確に捉え、整えていきます。

カイロプラクティックでは骨格のズレを、単体ではなく、関節を構成している骨頭・軟骨・靭帯・筋肉をトータルとして捉え、異常を捉えていきます。

カイロプラクティックとは?5

今日は、カイロプラクティックとはどんなものか、簡単に説明していきますね。

カイロプラクティックとは19世紀の米国で生まれ、今では世界中の80カ国で公認されています。
アメリカには16の大学があり、米国公認のD.C(ドクター・オブ・カイロプラクティック)の資格を持つドクターは、約6万5000人もいます。
この
D.C資格はアメリカでは医師と同等の資格として社会的に認められています。

カイロプラクティック治療は、整体やマッサージとは全く違うもので、「手の技術」と「科学」が融合したもので、より効果的な治療効果を引きだします。

整体は、東洋医学で、「経験医学」と言われています。

カイロプラクティックは西洋医学に裏付けられた、科学的、医学的に裏付けたられた「健康になる」ための治療法です。

薬は多くの場合、副作用があり、身体の自然治癒力も低下させます。
薬は、健康になるための物ではないのです。

「健康になる」ためには、人間に本来そなわった自然治癒力を高める必要があります。

カイロでは積極的に科学的・医学的研究を取り入れ、
客観性のある検査・治療体系を作り上げ、
高い安全性と効果を維持しているのです。

 


プロフィール

いらっしゃいませ。(^-^)
まやと申します。
健康や美容に関して、とっても興味があり、いろいろと調べるのが好きで、いい健康グッズは購入して使ったりしています。

このブログでは、自分が実際使用してよかったものや、 心身ともに健康に毎日を送れるための、いい情報を紹介していきますので、また、ぜひ覗いてみてください。

皆さんの応援がこのサイトをより良いものにしていく励みになります。
応援よろしくお願いします
    

↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


  • ライブドアブログ